読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[STOP ネット暴力]「うちの県にコロナ持ってきた」…「感染者狩り」横行、実名特定・中傷エスカレート

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、インターネット上では、感染者やその家族らを特定し、中傷や差別的な内容の書き込みが繰り返されている。「感染者狩り」と呼ばれる行為だ。実際に標的となった東海地方に住む40歳代の男性が「目に見えないウイルスより、人の目の方が恐ろしかった」と胸の内を明かした。(星野達哉)

被害男性「ウイルスより恐ろしい」

 感染したのは、男性の10歳代後半の子供だ。普段は隣県の都市で暮らしているが、4月に帰省した際、発熱があり、感染が判明。その当日、男性の居住県は「県外から来た感染者」の1人として匿名で発表した。

 しかし、発表前に<○○地域で感染者ってほんと?>などとネット上でうわさが広まり、東海地方向けのネット掲示板やSNS上には〈うちの県にコロナを持ってきた〉〈このバカな感染者は誰なんだ?〉と、子供や家族を特定しようとする書き込みも現れた。

 県の発表から数時間後。<○○病院(に入院)ってうわさがある>などと投稿され、子供や男性がまもなく特定された。その後は一部を伏せた実名とともに、2人を中傷する書き込みが相次いだ。

 〈バイオテロリスト〉〈世の中から消えてほしい〉

 その頃、政府は県境を越える不要不急の移動自粛を呼びかけていた。投稿の内容は敵意をむき出しにしたものへとエスカレートし、デマもあふれていった。

 〈スーパーで目撃情報がある〉〈毎日パチンコに通っていた〉。子供は帰省してから入院まで一度も外出していないが、根も葉もない情報が独り歩きした。

     ◎

 家族の生活は一変した。「コロナ持ち込むな。出て行け!」。自宅の留守電には2人を罵倒する言葉が吹き込まれていた。家族の感染はなかったが、なじみのスーパーや美容院から、「もう来ないでほしい」と遠回しに告げられた。外に出られなくなり、一時は食料や生活用品を親族に届けてもらって過ごした。

 子供の行動について、男性は「そこまで非難されることなのだろうか」と戸惑う。納得しがたいのは、デマを信じ込んで〈素行の悪いやつだ〉と中傷を書き込まれたことだ。

 男性は「そんな子ではないと説明したい」と訴えるが、行動できずにいる。「再びネットに中傷やデマが広がれば、家族に危害が及ぶかもしれない。黙って時がたつのを待つしかない」と悩んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1385754 0 社会 2020/08/04 18:00:00 2020/08/05 01:15:40 2020/08/05 01:15:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)