読売新聞オンライン

メニュー

夏休み「安全」第一 コロナ対策

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

海水浴場、AIで「混雑」判定  キャンプ、消毒後は火気厳禁

「3密」を避けるため、距離を保つことが求められる砂浜(3日、静岡県の熱海サンビーチで)=伊藤紘二撮影
「3密」を避けるため、距離を保つことが求められる砂浜(3日、静岡県の熱海サンビーチで)=伊藤紘二撮影

 多くの地域で長かった梅雨が明け、夏休みシーズンが始まった。海水浴、キャンプ、旅行――。例年なら楽しさいっぱいだが、新型コロナウイルスの影響が再び広がっているため、今年は行楽地に赴いた際も、感染防止に気を配りながら息抜きをすることになりそうだ。

 ■「十分な距離」

 「十分な距離を確保してください」。静岡県熱海市の熱海サンビーチで3日、フェースガード姿の監視員が、訪れた家族連れに呼びかけた。砂浜では大半の人がマスクを外し、青空の下、海水浴を楽しんでいる。

 昨年は1日最大約7800人が来場した海岸の入り口に、人工知能(AI)搭載のカメラ3台が導入され、利用者数を自動計測。市はホームページで現在の状況を「特に混雑」「空き」など5段階で公表し、来場の目安にしてもらっている。

 客には入場時間帯ごとに3色のリストバンドを配布。3000人を超えると先に入った客に退場を促し、新規の客には、混雑していない別の海水浴場を案内する。夫と小学1年の長男と訪れた川崎市の主婦(46)は「神奈川県の海水浴場は開設されないので、感染対策のしっかりした海を選んだ。これで子供に思い出を作ってあげられる」と笑顔だった。

 ■更衣室設置せず

 砂浜での密集を懸念し、海水浴場を開かない地域も多い。海上保安庁によると、全国1156か所のうち、約4割(469か所)が中止や中止の予定(先月16日時点)。千葉、神奈川、茨城、大阪、徳島の5府県はゼロになる見込みだ。

 和歌山県白浜町では、例年40万人以上が訪れる「白良浜しららはま海水浴場」の開設中止を検討したが、浮輪の貸し出しや、密閉、密集、密接の「3密」になりやすい更衣室の設置を取りやめてオープンすることに。町の担当者は「海開きをしなくても来る人がいるので、水難対策と感染防止をして運営するほうが、危険性が低いと判断した」と説明する。

 ■予約埋まる

 バーベキューや自然体験ができる山梨県北杜市の複合施設「白州・尾白の森名水公園べるが」。キャンプ場はお盆期間まで予約でほぼ埋まっており、3日は駐車場に東京や神奈川など県外ナンバーの車が目立った。

 受け付けは屋外で、共用の炊事場では大半がマスクを着用していた。小学生の子供3人と訪れた甲府市の会社員男性(45)は「夏休みぐらいは子供をどこかに連れて行きたかった。感染しないように気を付けたい」と話した。

 キャンプ場でも、調理などの際には手指消毒が求められる。「日本オートキャンプ協会」(東京)は、消毒用アルコールの使用直後に火に近づくと、引火する恐れがあるため注意するよう呼びかけている。

 キャンプ場検索サイト「なっぷ」では、感染防止に取り組む施設が検索できる。〈1〉受付で検温実施〈2〉テントの間隔が2メートル以上〈3〉従業員と接触しないオンライン決済の導入――などがわかる。運営する「スペースキー」(東京)によると、政府の緊急事態宣言解除後の6月から始めたサービスで、対策を実施している約100施設を紹介している。同社の担当者は「安全にキャンプを楽しむため、役立ててほしい」と語った。

トレンドは「車で近場」

 例年であれば、8月は多くの人が航空機や新幹線を使って旅行に出かける。だが、今年は感染が広がっており、旅行各社は「車で近隣に出かける人が多いのではないか」とみている。

 近畿日本ツーリスト(東京)によると、この時期に人気の国内旅行先は北海道や沖縄などだった。だが、今夏は近場に日帰りや1泊2日で出かける人が多く、移動は感染を避けるために車を使い、行き先も人混みが少ない山や海などが多くなりそうだという。

 感染拡大で旅行業界は大打撃を受けている。4月の主要旅行会社の取扱額は、前年同期比95・5%減、5月は97・6%減。ある旅行会社の担当者は「6月以降、お客は少しずつ増えているが、安全、安心が第一で、積極的に『旅行してください』と言えず悩ましい」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1386826 1 社会 2020/08/04 15:00:00 2020/08/04 15:00:00 2020/08/04 15:00:00 「熱海サンビーチ」では、入退場口を設け、入場する人数を管理するため海水浴客にリストバンドを配り、「3密」を避けるなど、感染防止対策を促している(3日午前11時30分、静岡県熱海市で)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200804-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)