路線バス運転士が感染、健診で「肺に影」発見後も14日間乗務

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西日本ジェイアールバスは4日、京都営業所(京都市南区)に勤務する路線バスの20歳代の男性運転士が新型コロナウイルスに感染したと発表した。7月15日に社内の定期健康診断で肺に影が見つかり、再検査を指示されたが、今月2日まで14日間、乗務していたという。乗客に濃厚接触者はいないとしている。

 同社によると、運転士は7月15日の健康診断で再検査を指示されたが症状がなかったことなどから、同社に報告していなかったという。勤務時はマスクを着用し、運転席の周囲に飛まつ防止用のカーテンを設置していた。同社は、「公共性の高い業務であることを強く意識し、報告を徹底するよう周知する」としている。

無断転載・複製を禁じます
1388473 0 社会 2020/08/05 09:59:00 2020/08/05 20:21:33 2020/08/05 20:21:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ