読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本の人口、1年間で鳥取県の人口分近い「50万人」減る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は5日、住民基本台帳に基づく今年1月1日現在の日本の人口を発表した。日本人は1億2427万1318人となり、前年に比べ50万5046人(0・4%)減少した。人口は2009年をピークに11年連続で減少しており、減少幅は1968年の調査開始以降、最大となった。

 減少幅は初めて50万人を超えた。1年間で鳥取県の人口(55万6195人)に近い人口が減ったことになる。昨年1年間の出生者数から死亡者数を引いた「自然増減数」はマイナス51万1998人で、最大の減少数となった。12年連続で自然減少数は拡大している。出生者数は86万6908人で、死亡者数は137万8906人だった。

 都道府県別では、人口が増えたのは、東京、神奈川、沖縄の3都県だった。埼玉、千葉両県が前年の増加から減少に転じた。減少数が多かったのは北海道の4万2286人、兵庫の2万6937人、静岡の2万5600人の順だった。出生者数が死亡者数を上回る自然増は沖縄県のみだった。

 東京は前年比0・52%増の6万8547人増で、増加数、増加率ともにトップだった。三大都市圏で人口が増えたのは、東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)のみで、東京一極集中の傾向が続いている。

 日本に住む外国人は286万6715人で、前年比19万9516人(7・48%)増加し、島根県以外の都道府県で増えた。総人口に占める割合は2・25%で、2012年に外国人が住民基本台帳に記載されるようになって以降、最も高くなった。

無断転載・複製を禁じます
1389780 0 社会 2020/08/05 17:25:00 2020/08/06 05:03:59 2020/08/06 05:03:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)