来て申し訳ない・感染広げないか心配…帰省客、実家泊まらずホテル滞在も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 お盆休みを新潟県内で過ごす人たちの帰省が8日、本格的に始まった。例年は帰省客であふれるJR新潟駅の新幹線改札口も、人影はまばら。県は改札口で検温を実施するなど厳戒態勢を敷き、帰省客らも「感染を広げないか心配」と不安げだった。

 JR東日本によると、8日の上越、北陸新幹線の下りの自由席乗車率はいずれも5~15%で、前年同期比の約1割にとどまる。埼玉県から妻の実家に帰省するために来県した30歳代の男性会社員は、「関東で感染者が多く出ているのに、来て申し訳ない」と硬い表情で語った。帰省中、妻の実家には泊まらず、近くのホテルに滞在するという。

 首都圏からの帰省客に注意を呼びかけようと、駅の、県職員ら4人がサーモグラフィーで乗客の体温を確認。検温への協力を求めたり、家庭内感染が増えていることから、「家の中でもマスクをしてください」などと書いたチラシを配布したりした。

無断転載・複製を禁じます
1398204 0 社会 2020/08/09 09:44:00 2020/08/09 15:53:18 2020/08/09 15:53:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ