岩手で7人目感染者の女児、家族内感染の可能性も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県は8日、新型コロナウイルスに感染した久慈市の10歳未満の女児は、6日に感染が判明した同市の20歳代女性の娘であることを明らかにした。県は家族間で感染した可能性があるとみて感染経路を調べている。

 女児は県内7人目の感染者。県によると、母親の感染を受け、7日に帰国者・接触者外来を受診。PCR検査で陽性が確認され、8日に入院した。ほかの家族4人は陰性だった。

 女児は夜に軽いせきが出ているが、7月上旬から続いていることなどから、新型コロナによる症状なのか区別がつかないという。

 女児は7月28~31日、母親や関東から訪れた母親の友人とともに、自家用車で県内を移動。今月2~5日は、自宅で母親と一緒に行動した。女児の感染確認に伴う新たな濃厚接触者は確認されていない。

 県は「症状が軽微なこともあり、発症時期や感染経路は特定できていないが、家族内感染の可能性も否定はできない」としている。

 県は8日、女児が6日に受診した久慈市内の医療機関のスタッフ8人を検査し、いずれも陰性だった。関東在住の友人の検査は県外で9日に行われる予定。

10万人あたりの感染5人超で県独自制限…知事が方針

 達増知事は8日、全国知事会のオンライン会議に参加し、人口10万人あたりの1週間の新型コロナウイルス新規感染者数が5人を超えた場合、県独自の行動制限や移動制限を行う考えを明らかにした。達増知事は「地方にとっては新規感染者数の増大が非常に重要。5人を超えると、かなりきつくなる」と述べた。

 また、達増知事は、全国知事会が出したお盆の過ごし方に関するメッセージに賛同する意向を示した。

無断転載・複製を禁じます
1398271 0 社会 2020/08/09 10:56:00 2020/08/09 11:16:52 2020/08/09 11:16:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ