知事「感染者出した店、食中毒のように営業停止を」…法整備を要望

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県の井戸知事は8日、全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部のテレビ会議に出席し、接待を伴う飲食店などで感染が広がっているとしたうえで、「食中毒のように、コロナの感染者を出した店を営業停止にできる法整備をしていくべきだ」と要望した。

 その後、井戸知事は県庁で報道陣に対し、「感染対策をやらない飲食店への抑止効果も期待できる」と述べた。

県内新たに55人

 県は8日、55人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。20人以上の新規感染者が確認されるのは12日連続となり、井戸知事は「家庭や職場での二次感染を防いでいくという基本が重要」と話した。

 神戸市では、10歳未満から50歳代の23人の感染が明らかになった。4月11日に並び過去最多で、市は「軽症の若い感染者が増えている」と警戒を強めている。

無断転載・複製を禁じます
1398407 0 社会 2020/08/09 13:20:00 2020/08/10 20:11:04 2020/08/10 20:11:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ