ツイッター、投稿に返信できる人を制限する機能導入…悪意ある返信防ぐ狙い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米ツイッター社は11日、自らの投稿に返信できる人を制限する機能を導入したと発表した。インターネット上の誹謗ひぼう中傷が問題となる中、悪意のある返信を防ぐ狙いがある。日本でも始めた。

 投稿前に、返信できる人を〈1〉全員〈2〉自分がフォローしている相手〈3〉指定した相手――の三つから選べる。返信を認められない人でも投稿を見たり、リツイート(転載)したり、「いいね」ボタンを押したりすることは引き続き可能だ。

 ツイッターは5月から新機能のテストを行っていた。安全性が向上し、悪意のある投稿を防ぐ効果を確認したという。

 ネット上の中傷を巡っては、フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが、SNSで中傷を受けた後に死亡する問題が起きた。投稿者の特定を容易にするなど政府も対策の強化を検討している。

無断転載・複製を禁じます
1404968 0 社会 2020/08/12 17:43:00 2020/08/13 00:27:46 2020/08/13 00:27:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ