読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ペット繁殖・販売業の飼育頭数に「数値規制」案…劣悪業者への指導狙う

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 環境省の有識者でつくる検討会は12日、昨年成立した改正動物愛護法に基づき、犬猫を扱うペット業者の飼育頭数を制限し、管理方法などを規定する「数値規制」案をとりまとめた。劣悪な環境で飼育する業者を指導しやすくするのが主な目的。同省は省内で議論した後、省令で定め、来年6月から新基準を導入する。

 数値規制の対象となるのは犬猫の繁殖・販売業者ら。これまで飼育管理に明確な基準がなく、不適切な飼育を行う業者が相次いでいた。

 案では飼育頭数の上限を従業員1人につき、繁殖業で「犬15匹、猫25匹まで」、販売業で「犬20匹、猫30匹まで」とした。ケージの広さや構造などについても基準を示し、例えば運動スペースと分離して犬猫を飼育する場合、寝床や休息場所となるケージは縦と横がそれぞれ体長の2倍と1・5倍とし、高さは犬が体高の2倍、猫が体高の3倍などとした。

 繁殖年齢については、犬猫ともに「6歳まで」とし、出産回数が6回未満の犬、10回未満の猫については「7歳まで」可能とした。

 検討会はまた、不適切な飼育状態について「爪が伸びたまま」「被毛に汚物などが固着した状態」などと具体的に例示。過去の虐待事件を参考にしたという。

 新基準の導入後は都道府県などが立ち入り調査を行い、基準が守られているかを確認。違反を繰り返す業者には業務停止や登録取り消しなどの処分を行う。基準の明確化で、自治体が指導しやすくなる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1405636 0 社会 2020/08/12 22:22:00 2020/08/12 23:35:57 2020/08/12 23:35:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)