岩手の女性会社員、出張で関西滞在中から味覚・嗅覚の異常…戻った後に感染判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県は14日、新型コロナウイルスへの感染が確認された久慈市に住む50歳代の女性会社員が、4~12日に出張で関西地方に滞在していたと発表した。

 女性は関西滞在中の11日から味覚・嗅覚の異常を感じ、12日に新幹線とバスを利用して同市の自宅に戻った後、発熱やのどの痛みが出た。13日に帰国者・接触者外来を受診し、同日、抗原検査で感染が確認された。県内で抗原検査で感染が確認されたのは、この女性が初めて。

 女性は13日に感染症指定医療機関に入院した。発熱症状などは続いているものの、重症ではないという。

 県内の感染確認は女性で8人目。久慈市では6~7日に20歳代女性と娘の感染が確認されているが、県によると、女性はこの親子との接触歴はないという。

 女性の家族1人が濃厚接触者として14日にPCR検査を受けたが、陰性だった。県は、女性が帰宅する際に利用したバスの運転手の検査も検討している。

 また、女性の滞在時期に、関西地方の取引先で新型コロナの感染者が出たとの情報もあり、県は感染経路の特定も進める。

無断転載・複製を禁じます
1412279 0 社会 2020/08/15 14:37:00 2020/08/15 15:14:50 2020/08/15 15:14:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ