「内縁の夫から暴力」と警察に相談…2人で「仲直りした」と説明後に、女が男性の首絞める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口県警下関署は16日、同居する内縁の夫を殺害しようとしたとして、同県下関市伊倉東町、無職古川洋子容疑者(59)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。内縁の夫の堀川浩美さん(59)は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は17日、容疑を殺人に切り替えて山口地検下関支部に送検した。

 発表によると、古川容疑者は16日午前6時20分頃、自宅で堀川さんの首をひものようなもので絞めて殺害しようとした疑い。約15分後に「同居人の首を絞めた」と自ら110番し、駆けつけた署員が部屋の床に横向きに倒れている堀川さんを見つけた。司法解剖の結果、死因は頸部けいぶ圧迫による窒息死だった。

 古川容疑者は7月、「内縁の夫から暴力を受けている」と同署に相談。同署は堀川さんに警告するなどしたが、同月25日に2人で同署を訪れて「仲直りした」と説明したため、対応を打ち切ったという。

無断転載・複製を禁じます
1420417 0 社会 2020/08/19 20:47:00 2020/08/19 21:28:10 2020/08/19 21:28:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ