読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国の名水百選から大腸菌、水くみ場利用を一部停止…配水管交換へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北海道京極町名物の「ふきだし湧水」。木の樋(中央)を流れ落ちる水だけは引き続き利用できる(昨年5月撮影)
北海道京極町名物の「ふきだし湧水」。木の樋(中央)を流れ落ちる水だけは引き続き利用できる(昨年5月撮影)

 北海道京極町の名水「ふきだし湧水」からこの夏、微量の大腸菌が検出され、町は水くみ場の利用を一部停止している。町は配水管の老朽化や汚れが原因とみて、近く交換工事を行う予定。担当者は「生水なので必ず煮沸してから利用して」と呼びかけている。

 羊蹄山の自然がもたらすふきだし湧水は日量約8万トンに上るといい、1985年に国の名水百選に選定された。「ふきだし公園」(京極町川西)の水場では例年、3本の配水管から噴出する水をタンクにくんで持ち帰る人が絶えない。

 町によると、7月下旬から今月初めにかけて行った水質検査で、配水管の1本から微量の大腸菌(100ミリ・リットル中1MPN=細菌検査の単位)が検出された。

 報告を受けた倶知安保健所は「湧水としては問題ない数値」と判断したが、大腸菌とともに病原性原虫が混入する可能性も指摘。これを受けて町は7日までに、配水管を3本とも利用停止とした。いずれも2004年に地中に埋設され、長さ4~5メートルほど。町は今月中にも交換工事を行う。

 水場には湧水が木のといを流れ落ちる場所もあり、3本の管と取水ルートが違うことから、町はここでの水くみを認めている。町は「配水管を更新した後、水質検査や管の点検作業の態勢を拡充したい」(企画振興課)としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1420097 0 社会 2020/08/19 17:30:00 2020/08/19 19:10:31 2020/08/19 19:10:31 京極町名物の「ふきだし湧水」。木の樋(中央)を流れ落ちる水だけは引き続き利用できる(昨年5月撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200819-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)