ひんやりして気持ちいい…気温0~3度、鳴沢氷穴へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 連日の猛暑の中、富士山麓の国の天然記念物として知られる鳴沢氷穴(山梨県鳴沢村)には、涼を求める人たちが訪れている=写真、杉本昌大撮影=。

 鳴沢氷穴は、富士山の側火山が噴火した際の溶岩流でできた洞窟で、最深部は地下21メートル、総延長は153メートル。気温は1年を通して0度から3度ほどで、例年は天井からしみ出た水滴が地面に落ちて凍る高さ約3メートルの氷柱が見所だが、今夏は長梅雨の影響により、解けてしまったという。それでも訪れた人々は、青くライトアップされた氷を見ながら「ひんやりして、気持ちがいい」と涼しさを満喫していた。

無断転載・複製を禁じます
1419244 0 社会 2020/08/19 12:23:00 2020/08/19 13:20:49 2020/08/19 13:20:49 鳴沢氷穴で氷を見て涼を楽しむ人たち(19日午前10時38分、山梨県鳴沢村で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200819-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ