感染症学会理事長「今まさに第2波のまっただ中」…再生相「政府としての定義ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本感染症学会の舘田一博理事長は19日、東京都内で開かれた同学会の学術講演会の冒頭あいさつで、新型コロナウイルスの感染状況について、「まさに今、『第2波』のまっただ中にいる」との見解を示した。

 舘田氏は、第2波の感染者数は第1波を超えているが、死者は少ないと指摘。全国と東京の新規感染者数を踏まえ、「ピークを越えたかのように見える」とする一方、「再上昇しないのか注意して見ていかなければいけない」と述べた。「学会として、重症者の命を守り、医療現場の混乱を回避し、感染者らの差別を防ぐことが目標だ」と語った。

 西村経済再生相は19日の記者会見で「第2波について政府として定義を決めているわけではない」としたうえで、「新規陽性者数だけ見れば緊急事態宣言の時よりも多いので、大きな波であることは間違いない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1420288 0 社会 2020/08/19 19:10:00 2020/08/20 03:03:53 2020/08/20 03:03:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ