読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染症学会理事長「今まさに第2波のまっただ中」…再生相「政府としての定義ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本感染症学会の舘田一博理事長は19日、東京都内で開かれた同学会の学術講演会の冒頭あいさつで、新型コロナウイルスの感染状況について、「まさに今、『第2波』のまっただ中にいる」との見解を示した。

 舘田氏は、第2波の感染者数は第1波を超えているが、死者は少ないと指摘。全国と東京の新規感染者数を踏まえ、「ピークを越えたかのように見える」とする一方、「再上昇しないのか注意して見ていかなければいけない」と述べた。「学会として、重症者の命を守り、医療現場の混乱を回避し、感染者らの差別を防ぐことが目標だ」と語った。

 西村経済再生相は19日の記者会見で「第2波について政府として定義を決めているわけではない」としたうえで、「新規陽性者数だけ見れば緊急事態宣言の時よりも多いので、大きな波であることは間違いない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1420288 0 社会 2020/08/19 19:10:00 2020/08/20 03:03:53 2020/08/20 03:03:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)