読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「濃厚接触の可能性の通知」アンドロイド版アプリに誤解招く表示、利用者から苦情

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

プッシュ通知を押すと画面が切り替わり、「濃厚接触の可能性の通知」と表示される=厚生労働省提供
プッシュ通知を押すと画面が切り替わり、「濃厚接触の可能性の通知」と表示される=厚生労働省提供

 新型コロナウイルス感染者との接触を知らせるスマートフォン用アプリを登録した端末の一部で、「濃厚接触の可能性の通知」などと利用者の誤解を招く表示が出ることが分かった。アプリを運用する厚生労働省に、今月初旬までに複数の利用者から問い合わせがあった。厚労省は「感染者との接触を示す通知ではないので心配しないでほしい」と冷静な対応を呼びかけている。

 厚労省によると、こうした通知は、基本ソフト(OS)が「アンドロイド」のスマホで表示されることがある。アプリが正常に機能していることを定期的に示す通知だという。まず「濃厚接触の可能性を通知するシステムがオンになりました」というプッシュ通知が表示され、それを押すと「濃厚接触の可能性の通知」という表示が続く。

 利用者からは「感染者と接触したのかどうかが分かりにくい」などの苦情が寄せられたことから、厚労省は18日までにOSの開発元である米グーグル社に通知の表現を改めるよう求めた。同様の問題は、米アップル社の「iOS」では起きていないという。

 このアプリは、6月に運用が始まり、これまでも誤った表示が出るなど複数の不具合が見つかっている。ダウンロード数は8月19日午後5時現在、約1390万件。感染者の登録は311件に上る。

無断転載・複製を禁じます
1421098 0 社会 2020/08/20 05:00:00 2020/08/20 11:37:30 2020/08/20 11:37:30 「プッシュ通知」を押すと画面が切り替わり、「濃厚接触の可能性の確認」と表示される(厚生労働省提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200820-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)