今度は「熱中症の危険」で…再開予定だった小中学校、臨時休校に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏休みを終え、20日から授業再開の予定だった愛知県豊田市内の小・中学校で、一部の学校が熱中症の危険があるとして、20日の授業再開を見送り、臨時休校にすることを決めた。市教育委員会学校教育課では「暑さが続けば、21日以降も臨時休校措置を取る学校が出る可能性がある」と話している。

 授業再開を見送ったのは、小学校が75校中42校、中学が28校中7校。各校の校長が判断した。名古屋地方気象台によると、19日午後3時現在で、豊田市内の最高気温は37度。20日についても、環境省の熱中症予防情報サイトで公開されている暑さ指数は、日中31~33度でいずれも「危険」とされたことなどを理由としている。同市では新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今月6日から19日までと31日を夏休みとしていた。

 また、すでに授業を再開している名古屋市教育委員会は19日、空調設備不調のため、昭和区の市立滝川小学校を20、21日、臨時休校すると発表した。

無断転載・複製を禁じます
1421929 0 社会 2020/08/20 05:00:00 2020/08/20 12:18:00 2020/08/20 12:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ