国内の感染者は新たに1184人、死者は11人…小樽市立病院をクラスター認定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内では20日、新型コロナウイルスの感染者が42都道府県と空港検疫で新たに1184人確認され、2日連続で1000人を超えた。死者は、埼玉、神奈川、大阪などで計11人だった。

 新たに339人の感染者が確認された東京都では、20~30歳代が183人で全体の54%を占める一方、70歳以上も32人に上り、直近1週間の平均陽性率は5・4%となった。神奈川県も104人で、5日ぶりに100人を超えた。

 北海道では、新たに25人の感染が判明。小樽市立病院では医療従事者や患者ら計17人の感染が確認され、クラスター(感染集団)と認定された。道内の感染者が20人を上回ったのは3日以来、17日ぶり。

 熊本県では、九州豪雨の避難所運営に携わった同県芦北町の40歳代の男性職員の感染が判明した。

 大阪府では、クラスターが発生した大阪市内の高齢者施設の90歳代女性が死亡し、沖縄県でも、60歳代男性と80歳代女性の死亡が確認された。

無断転載・複製を禁じます
1423073 0 社会 2020/08/20 21:26:00 2020/08/20 22:27:50 2020/08/20 22:27:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ