尾身会長「感染だいたいピークに達した」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は20日、東京都内で開かれた日本感染症学会の学術講演会で講演し、感染状況について「全国的にだいたいピークに達した」との認識を示した。ただ、重症者は増加しており、流行が直ちに終息する可能性は低いことから、国に対し、負荷が高い医療機関や保健所などへ支援を要望した。

 尾身氏は、国内での流行開始からの半年間で確認できた点として、クラスター(感染集団)の発生から早期に対処することで感染拡大を抑えられること、治療方法が標準化してきたことなどを挙げた。

 一方で、市民に広がる不安をいかに解消するかが課題との見方を示した。新型コロナは発症前に感染を広げる特徴もあることから、「どんなに注意しても、100%完全な予防は不可能。事例から学び、社会経済生活への影響を最小限にすべきだ」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1423646 0 社会 2020/08/21 05:00:00 2020/08/21 09:00:56 2020/08/21 09:00:56

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ