フェースシールド着用、換気したのに…「合唱クラスター」で7人感染

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県と同県郡山市は20日、7人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち5人は郡山市青少年会館で16日に行われた合唱練習の参加者。合唱関係の感染者は計7人となり、県は5例目のクラスター(感染集団)が発生したと認定した。累計感染者は120人(91人が退院)となった。

 県や郡山市などの発表によると、合唱関係5人の内訳は、社会人合唱サークルに所属する県内の3人(郡山市の20歳代男性、須賀川市に住む郡山市職員の30歳代男性、相馬市立中村第二中教員の20歳代女性)のほか、郡山市立郡山第一中合唱部員の女子生徒2人。既に感染が確認された合唱サークルの福島大生の濃厚接触者で、同中合唱部は16日午後、合唱サークルと合同練習を30分ほど行っていた。その他の濃厚接触者は全員、PCR検査で陰性が確認された。

 郡山市によると、合唱部員は練習中、全員フェースシールドやマウスシールドを着用。合唱サークルも間隔を空け、換気を行うなどの感染防止対策を行っていたという。

 また、感染が判明した市職員の男性は富田行政センターに勤務し、主に事務に従事。繁忙時のみ窓口業務を行っていた。市は21日から同センターを再開するが、男性の同僚は勤務させない措置を取る。相馬市の女性教員は吹奏楽部の生徒を指導しており、市は24日の始業式以降、指導を受けた生徒21人に2週間の登校自粛を求める。

 合唱関係以外で感染が判明したのは、同県浪江町の40歳代団体職員男性と同県会津若松市の20歳代女性。団体職員男性は10日からせきや発熱があり、19日に肺炎で入院していた。町によると、今月8~10日、開業したばかりの道の駅なみえに出入りしており、安全が確認されるまで施設は臨時休業するという。会津若松市の女性は、19日に感染が確認された同市の10歳代男性会社員の友人。13日から味覚や嗅覚に異常があった。

 1日7人の感染確認は4月16日(9人)、同18日(8人)に次ぐ規模。県感染症対策アドバイザーの金光敬二・県立医大教授(感染制御学)は「首都圏からの感染流入は防ぎようがない。今後も増える可能性がある」と指摘。クラスター発生について「大人数での活動は、予防指針に準じて行動しても、合間の休憩、食事で接触するなど穴がある可能性がある。トータルで対策を」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
1425276 0 社会 2020/08/21 05:00:00 2020/08/21 16:30:53 2020/08/21 16:30:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200821-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ