満月級の明るさ、関東上空に再び「火球」…目撃情報相次ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

千葉県君津市で撮影された火球(左下)。中央は天の川(21日午後10時半すぎ)=坂井美晃さん撮影
千葉県君津市で撮影された火球(左下)。中央は天の川(21日午後10時半すぎ)=坂井美晃さん撮影

 21日夜、関東地方の上空で強い光を放ちながら移動する火球を目撃したとの情報が、SNSなどで相次いだ。

 神奈川県平塚市博物館学芸員(天文担当)の藤井大地さん(34)は、市内の自宅に設置したカメラで撮影した。午後10時半頃、南の空の低いところを、白く光る球体が西から東に向かって進んでいたという。

 関東地方では7月2日未明にも火球が目撃され、その後、千葉県習志野市で隕石いんせきが発見された。藤井さんによると、今回の火球の明るさは7月の火球と同じ「満月級」。軌道からの推定では、太平洋上か房総半島に落下した可能性があるという。

無断転載・複製を禁じます
1426679 0 社会 2020/08/22 09:42:00 2020/08/22 11:46:50 2020/08/22 11:46:50 関東地方の上空で撮影された火球(21日夜、千葉県君津市で)=坂井美晃さん撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200822-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ