真夏のコスモス、花畑を黄色に染める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見頃を迎えたキバナコスモスを楽しむ人たち(22日午前、国営昭和記念公園で)=大原一郎撮影
見頃を迎えたキバナコスモスを楽しむ人たち(22日午前、国営昭和記念公園で)=大原一郎撮影

 国営昭和記念公園(東京都立川市・昭島市)で、約70万本のキバナコスモス「レモンブライト」が見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。

 「レモンブライト」はコスモスの中でも早咲きの品種で、花畑一面を鮮やかな黄色に染めている。園内には、レモンブライトをはじめとする計540万本のコスモスが植えられており、10月下旬まで様々な品種を楽しめるという。

 東京都調布市から伯母と訪れた女児(10)は「黄色いコスモスは初めて見た。小さい花がかわいかった」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1426799 0 社会 2020/08/22 12:02:00 2020/08/22 12:02:00 2020/08/22 12:02:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200822-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)