千葉市に洪水警報、川崎市に大雨警報…土砂災害・河川増水に警戒を

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雨が降る中、傘をさして渋谷駅前のスクランブル交差点を歩く人たち(23日午前、東京都渋谷区で)=萩本朋子撮影
雨が降る中、傘をさして渋谷駅前のスクランブル交差点を歩く人たち(23日午前、東京都渋谷区で)=萩本朋子撮影

 気象庁の23日午前の発表によると、約6000メートル上空に氷点下6度以下の寒気が流れ込んでおり、日中の気温の上昇により、午後を中心に大気の状態が非常に不安定になるという。そのため、西日本から東北地方では、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるところがある見込み。東京都千代田区では午前10時35分までの1時間降水量で34・5ミリを記録した。また、午後2時30分現在、千葉市に洪水、千葉県市原市に大雨と洪水、川崎市に大雨の警報がそれぞれ地元気象台から出されている。

 同庁では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水への注意・警戒を呼びかけている。また、落雷や激しい突風への注意も必要という。

 24日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、関東甲信地方、東海地方、九州北部地方が各100ミリ、東北地方、中国地方が各80ミリ、近畿地方が60ミリ。

 同庁が23日午前に発表した関東甲信地方の気象情報によると、24日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多いところで、関東地方北部、甲信地方が各50ミリ、関東地方南部、伊豆諸島が各40ミリ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1428127 0 社会 2020/08/23 11:23:00 2020/08/23 18:06:10 2020/08/23 18:06:10 雨が降る中、傘をさして渋谷駅前のスクランブル交差点を歩く人たち(23日午前11時5分、東京都渋谷区で)=萩本朋子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200823-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)