感染の70代男性、頭痛・発熱で4回受診もウイルス検査行われず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐賀県は23日、新たに男女4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者数は延べ222人となった。また、22日に陽性が分かった小城市の70歳代男性について、感染が確認される前に、発熱などの症状で医療機関を4回受診したが、ウイルス検査が行われていなかったことを明らかにした。

 県によると、4人は鳥栖市の30歳代女性、小城市の60歳代男性、佐賀市の30歳代男性、上峰町の20歳代女性。20歳代女性以外の3人は、感染者と接触があったとして検査を受けた。

 22日に感染を発表した小城市の70歳代男性の受診状況についても説明。男性は12日以降、頭痛や発熱の症状が表れ、医療機関で16~21日の間に4回診察を受けた。70歳代の妻も発熱し、17、20日に同じ医療機関を受診したが、2人とも検査は行われなかった。

 その後、2人は、同居する息子が21日に陽性と分かったため、接触者として22日に検査を受け、感染が判明したという。

 感染発覚の経緯について、県の担当者は「医師の判断で検査するかどうかが決まる。現時点で、対応が誤っていたとは考えていない」としている。また、県は22日に発表した佐賀市の男性の年齢を60歳代から50歳代に訂正した。

無断転載・複製を禁じます
1429871 0 社会 2020/08/24 11:35:00 2020/08/24 22:15:26 2020/08/24 22:15:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ