国立感染研の男性職員が感染…国内で新たに902人確認、13人死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの国内新規感染者は26日、37都道府県と空港検疫で計902人が確認された。1日当たりの感染者数が1000人を下回るのは5日連続。死者は東京、大阪などの計13人で、川崎市では30歳代の男性の死亡が確認された。

 東京都では236人の感染が確認された。1日当たりの感染者が200人を上回るのは今月23日の212人以来、3日ぶり。直近1週間の平均陽性率は4・9%で、重症患者は前日から3人減の31人となった。

 大阪府では119人、福岡県では60人の感染が確認された。山口県では接待を伴う飲食店で県内初のクラスター(感染集団)が発生し、過去最多となる15人の感染が確認され、岩手県でも過去最多の6人の感染が明らかになった。

 一方、国立感染症研究所は、同研究所戸山庁舎(東京都新宿区)の男性職員が感染したと発表した。新型コロナに関する業務は担当していなかったという。

無断転載・複製を禁じます
1435127 0 社会 2020/08/26 21:21:00 2020/08/27 00:34:51 2020/08/27 00:34:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200827-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ