読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

車の下半分水没、クラクション鳴らす女性…男性がドアこじ開け救助

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

感謝状を受け取る岸さん(25日、山形市松山の山形署で)
感謝状を受け取る岸さん(25日、山形市松山の山形署で)

 7月末の記録的大雨で、水没した車内に閉じ込められた70歳代女性を救助したとして、山形県警山形署は25日、山形市下反田、自動車整備会社社長岸良一さん(62)に、署長感謝状を贈った。

 岸さんは同月28日午後4時頃、自宅近くの道路沿いの土手を歩いていたところ、冠水した路上で、車の下半分が水没した乗用車を発見した。

 運転席には女性が乗っており、クラクションを鳴らし続けていた。岸さんは膝下まで水につかりながら車に近づき、助手席側からドアをこじ開け救助した。

 同署によると、救助から1時間半後の午後5時半頃には、現場の水位は約2メートルまで上昇し、乗用車は完全に水没したという。女性は仕事帰りで、普段通る道路が冠水したため、迂回うかいしようとして、現場の道に迷い込んだという。

 岸さんは「ドアは水圧で予想以上に重く、開きづらかった。無事に助けられて良かった」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1437097 0 社会 2020/08/27 18:06:00 2020/08/27 20:03:56 2020/08/27 20:03:56 感謝状を受け取る岸さん(右)(25日午後1時24分、山形市松山の山形署で)=須永光撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200827-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)