読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

垣根の垣根の曲がり角…サザンカ3千本で作られた迷路

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

サザンカの生け垣で作られた迷路(神山町で)=菊政哲也撮影
サザンカの生け垣で作られた迷路(神山町で)=菊政哲也撮影

 徳島県神山町の県立神山森林公園イルローザの森にある「生け垣迷路」(総延長約850メートル)が、親子連れらの人気を集めている。

 サザンカ約3000本で作られ、高さ約2メートル。2か所のチェックポイントを通過してゴールを目指す。

 標高約400メートルにあり、気温は麓より低め。家族で訪れた藍住町の会社員男性は「自然の中で密も避けられ、新型コロナウイルス感染の心配なく子どもたちを遊ばせてあげられる」と話していた。

 年中無休で入場無料。冬には赤と白のサザンカの花が咲き、ひと味違った雰囲気が楽しめる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1438411 0 社会 2020/08/28 10:24:00 2020/08/28 10:24:00 2020/08/28 10:24:00 サザンカの生け垣で作られた迷路(21日午後0時45分、徳島県神山町で)=菊政哲也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200828-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)