診察した乳児から感染、ドクターヘリの医師・看護師が陽性…ヘリも休止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知県と高知市は29日、感染症指定医療機関・高知医療センター(高知市)の20歳代の男性小児科医師と30、40歳代の女性看護師2人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。3人は、診察した乳児から感染したとみられ、同センターは看護師が所属する救命救急センターの外来受け付けを休止した。

 発表によると、3人は25日に感染が確認された乳児を、前日の夜に診察。2人が27、28日、発熱などの症状を訴えたため検査し、陽性が確認された。3人はサージカルマスクや手袋を着用し、看護師2人はゴーグルと防護服も着けていた。乳児にはマスクが着けられなかったという。

 感染した看護師の1人は、ドクターヘリで勤務。28日午前に同乗した医師や機長ら4人が濃厚接触者となり、ヘリの運用も休止となった。

 3人の感染を受け、同センターの島田安博病院長は「感染拡大を最小限にするよう対応している。救急も体制が整い次第再開したい」とコメントした。

 また、高知市内の小学校で勤務する50歳代の女性教諭が感染確認され、市教委は小学校を31日まで臨時休校とした。親族同士で県内旅行して9人が感染したグループでも新たに20歳代男性会社員の陽性が判明。県内の感染者は124人となった。

無断転載・複製を禁じます
1442368 0 社会 2020/08/30 14:30:00 2020/08/30 21:26:23 2020/08/30 21:26:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ