読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「感染者の家の前を通るのも嫌」…陽性判明後、2割以上が誹謗中傷経験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福井県内の新型コロナウイルス感染者の2割以上が、陽性判明後に「家の前を通るのも嫌」などの誹謗ひぼう中傷を受けていたことが、県の調査でわかった。県は「これだけ多くの人がつらい体験をしたことを重く受け止めている。県警と連携し、対処していきたい」としている。

 県が「第1波」とする3~4月の感染者計122人のうち、死亡した8人を除く114人に電話などで調査し、104人(本人または家族)から回答を得た。

 「中傷があった」としたのは24人(23・1%)。女性が30・0%と、男性(18・8%)を大きく上回った。ツイッターなどSNS上でのものが多く、「陽性だったと一気に拡散され、普通の生活ができなくなった」との声が寄せられたほか、本人だけでなく「息子や孫が誹謗中傷された」などの回答もあったという。

 また、「第1波」では、接待を伴う飲食店を中心としたクラスター(感染集団)が発生したことから、感染経路が「飲食店」の陽性者(28人)に絞ると、11人(39・3%)と非常に高い割合となっていたという。

 26日に行われた対策本部会議で、杉本知事は「誹謗中傷を抑える努力をしてほしい」と関係部署に指示し、県警の遠藤顕史本部長も「名誉毀損きそんや業務妨害に該当する場合もある。法令に触れる行為が認められれば、適正に対処していく」と厳しい表情で話した。

無断転載・複製を禁じます
1447344 0 社会 2020/09/01 15:47:00 2020/09/01 16:11:10 2020/09/01 16:11:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)