砂浜から100m地点にサメ…大分市のビーチ、遊泳やマリンスポーツ禁止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大分市の田ノ浦ビーチ沖でサメが確認され、市は遊泳やマリンスポーツを禁止して注意を呼びかけている。

 市によると、8月30日午後4時半頃、ビーチの監視員が遊泳区域を示す黄色いブイの近くでサメ1匹(体長1メートル程度)を発見した。砂浜から約100メートルの地点で、監視員は「これまで田ノ浦ビーチでサメは見たことがない」と話した。26~28日も大分県の別府湾でサメが目撃されている。

 遊泳は元々31日までだった。市は安全のためマリンスポーツも当面禁止とした。

無断転載・複製を禁じます
1446220 0 社会 2020/09/01 10:27:00 2020/09/01 10:27:00 2020/09/01 10:27:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ