沖縄・久米島で最大瞬間風速54・5m…台風9号、非常に強い勢力で九州接近へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

折れて路上に横たわる街路樹(1日午前9時12分、那覇市で)=寺垣はるか撮影
折れて路上に横たわる街路樹(1日午前9時12分、那覇市で)=寺垣はるか撮影

 非常に強い台風9号は1日正午現在、沖縄県・久米島の北西約140キロの海上を時速約15キロで北北西に進んでいる。今後、東寄りに進路を変えて東シナ海を北上し、非常に強い勢力を保って2日に九州に最も接近する恐れがある。気象庁は暴風や高波に警戒するよう呼びかけている。

 気象庁によると、1日正午現在の中心気圧は935ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は50メートル。久米島町では午前3時半に最大瞬間風速54・5メートルを観測した。

 沖縄県などによると、正午現在、県内で5人が軽傷を負った。西原町では、80歳代男性が強風で外れた自宅の窓を直そうとして約3メートルの高さから落ち、救急搬送された。住宅の屋根が飛ばされるなど複数の建物被害も確認されている。

 また、108か所の避難所に計約500人が身を寄せている。新型コロナウイルスの感染防止のため、南城市は市役所の庁舎内に20個のテントを張り、世帯ごとに一夜を過ごした。

 那覇空港では1日の全便欠航が決まった。沖縄電力によると、正午現在、那覇市や久米島町などで計約2万7000戸が停電している。

 気象庁は2日にかけての最大瞬間風速について、沖縄地方で60メートル、九州北部地方で50メートル、奄美地方と九州南部地方で35メートルと予想している。

無断転載・複製を禁じます
1445968 0 社会 2020/09/01 12:27:00 2020/09/01 14:03:23 2020/09/01 14:03:23 折れた街路樹が横たわる路上(1日午前9時12分、那覇市で)=寺垣はるか撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200901-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ