光秀の「謀反のお知らせ」で大反響、市のネット募金が目標の3・5倍に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 明智光秀ゆかりの地のPR事業を進めるため、京都府福知山市がインターネットで募った寄付が、当初目標の3・5倍の1145万円に達した。公的機関からの通知はがきを模し、光秀が本能寺の変への参加を呼びかける「謀反のお知らせはがき」などを返礼品として贈ると告知したところ、大きな反響を呼んだ。(森秀和)

福知山市が寄付を呼びかけたふるさと納税サイト「さとふる」のページ
福知山市が寄付を呼びかけたふるさと納税サイト「さとふる」のページ

 「明智光秀×福知山サポーター」として、ふるさと納税サイト「さとふる」で7月3日に1口3000円以上で開始。翌4日には、当初目標の321万1000円(語呂合わせで「みつひで円」)を達成、同7日には次の目標の553万2110円(Go!Go!みつひで円)を突破した。その後、最終目標を1113万2110円(いいひと!みつひで円)とし、8月31日まで募集を継続。3439人から1145万7110円が寄せられた。

反響を呼んだ「謀反のお知らせ」のはがき
反響を呼んだ「謀反のお知らせ」のはがき

 返礼品のはがきは、八幡市出身のデザイナー・スエヒロさんが考案し、市が実物を作成した。公的機関からの通知はがきを模し、受け取った人が集合する時間や場所を「天正10年6月2日」「本能寺」と史実に基づいて記し、「天下を取る場合がございますが、長期政権を保証するものではございません」などの断り書きも入れている。

 光秀はNHK大河ドラマ「麒麟きりんがくる」の主人公で全国的に人気が高まっており、新型コロナウイルスの感染拡大で福知山光秀ミュージアムや福知山城の休館中も、ファンに楽しんでもらおうと、市は「本能寺の変」の原因を推測して投票するアンケートを5月に実施。はがきは回答者への景品で、抽選は240倍となる人気を集めた。予想以上の反響を受け、「市と光秀ファンの交流の輪を広げよう」と、今回の寄付の返礼品にも採用することにした。

 福知山光秀ミュージアムの展示充実やイベントなどに活用する予定で、市は「光秀が築いた福知山城天守閣復元に向けた市民らの『昭和の瓦一枚運動』に続く『令和のはがき一枚運動』として歴史に刻まれる出来事になった。いつかサポーターの皆さんと集う場もつくりたい」と感謝している。

無断転載・複製を禁じます
1451334 0 社会 2020/09/03 10:13:00 2020/09/03 10:13:00 2020/09/03 10:13:00 福知山市が寄付を呼びかけたふるさと納税サイト「さとふる」のページ※ふるさと納税サイト「さとふる」の文言必須 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200902-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ