読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

特別警報級の台風10号、発達しながら接近…気象庁「週末前に備えを」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 強い台風10号は3日正午現在、日本の南海上を時速20キロで西に進んでいる。今後さらに発達しながら5~6日に沖縄県の大東島地方に接近し、6~7日に鹿児島県の奄美地方や九州の他の地域に接近、上陸の恐れがある。気象庁は特別警報発表の可能性もあるとして九州や沖縄だけでなく東海や近畿、四国でも高波などへの警戒を求めている。

 気象庁によると、3日正午現在の中心気圧は970ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は35メートル。6日午前に鹿児島県奄美群島近海に達した段階で、中心気圧915ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速55メートルの猛烈な台風に発達するとみられる。

 気象庁は広い範囲で大雨や暴風、高波、高潮による甚大な影響が出る恐れがあるとして、「ハザードマップを確認したり、避難先を検討したりして、週末を迎える前に台風への備えを終えてほしい」と呼びかけている。

 一方、大型で強い台風9号は3日、朝鮮半島に抜けた。長崎県を中心に非常に強い風が吹き荒れ、同県対馬市では3日午前0時52分、46・2メートルの最大瞬間風速を観測した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1452177 0 社会 2020/09/03 15:02:00 2020/09/03 15:30:22 2020/09/03 15:30:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200903-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)