6歳と3歳の姉妹死亡、車内に残され熱中症か…女性「戻ったらエンジン切れてた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3日午後0時40分頃、高松市常磐町で女性から「車内で子どもがぐったりしている」と119番があった。消防と警察が駆けつけたところ、女性の車の後部座席で、6歳の長女と3歳の次女が意識不明で倒れていた。2人は病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。香川県警高松北署は、熱中症の疑いもあるとみて経緯などを調べている。

 高松北署の発表によると、女性は通報時、「車から少し離れて、戻ってきた」と説明したという。

 現場近くの住民によると、女性は取り乱した様子で、「エンジンをかけたまま車を離れたつもりだったが、戻ったらエンジンが切れていた」と話していたという。

 現場は高松琴平電鉄・瓦町駅の南約200メートルで、飲食店などが立ち並ぶ繁華街の一角。

 気象庁によると高松市では3日午後2時37分に37・6度を記録。同市で9月の観測史上最高となる暑さだった。

無断転載・複製を禁じます
1452735 0 社会 2020/09/03 18:42:00 2020/09/03 21:42:37 2020/09/03 21:42:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ