香港で邦人1人一時拘束…抗議運動取り締まり中、エアガン?所持容疑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官は3日の記者会見で、香港で邦人1人が現地当局に一時拘束されたことを明らかにした。8月31日に拘束され、今月1日に保釈されたという。菅氏は、「(在香港総領事館が)現地当局に対し、拘束理由や人定事項を確認中との報告を受けている」と述べた。

 香港警察は3日、読売新聞の取材に対し、8月31日に九竜半島の繁華街で発生した抗議運動の取り締まり中、日本人男性(36)を拘束したことを認めた。男性がエアガンのようなものを持っていたため、模造銃器所持の疑いで拘束したという。

 香港メディア「香港01」や男性の知人によると、男性は香港で生まれ、4歳で日本に移住し、25歳で香港に戻っていた。昨年の反政府抗議デモの際は、フリーランスの記者を名乗って活動したこともあったというが、香港警察は、「取り調べ中、男性は記者を名乗っていなかった」としている。

無断転載・複製を禁じます
1452912 0 社会 2020/09/03 20:04:00 2020/09/03 20:30:54 2020/09/03 20:30:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ