九州豪雨2か月…台風が相次ぐ中、避難所なお1000人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

被災者が身を寄せる仮設住宅(3日午後、熊本県球磨村で)=前田敏宏撮影
被災者が身を寄せる仮設住宅(3日午後、熊本県球磨村で)=前田敏宏撮影

 76人が亡くなり、3人が行方不明となっている九州豪雨は4日、発生から2か月となる。台風が相次ぐ中、熊本、福岡両県では計1087人が避難所に身を寄せており、生活の再建が急がれる。

 読売新聞のまとめ(3日午後6時現在)では、住宅被害は1万5870棟に上り、うち全半壊は4割弱の5885棟。被災した自宅や親類宅などで暮らす人も少なくない。

 熊本県は7市町村で計721戸の仮設住宅の整備を計画。うち完成し、入居が始まったのは4市村の計89戸にとどまる。建設ペースは2016年の熊本地震より速いが、県は建設型の仮設住宅の必要戸数が800~1000戸まで増えると見込んでおり、建設を急いでいる。

無断転載・複製を禁じます
1453382 0 社会 2020/09/04 00:02:00 2020/09/04 00:55:09 2020/09/04 00:55:09 被災者が身を寄せる球磨村の仮設住宅(3日午後0時58分) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200903-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ