ラブホテルの条例定義、異性の文字を削除…尼崎市「実情に合わず」「多様性重視」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県尼崎市は、性的多様性を認める市の姿勢を明確にしようと、ラブホテルなどの建設を規制する条例に明記されたラブホテルの定義について、「異性を同伴する客に利用させる」施設という記述を変更し、「異性」の文字を削除することを決めた。条例は、建設の条件を定めるルールで、性的少数者(LGBT)のカップルのホテル利用を規制するものではないが、「表現が実情に合っていない」と判断した。市議会9月定例会に改正案を提出する。

 「市遊技場及びラブホテルの建築等の規制に関する条例」で、訪日外国人向けのゲストハウスなどの設立を容易にする規制緩和で条例を改正するのに合わせ、ラブホテルの定義も見直すことにしたという。「専ら異性を同伴する客に利用させることを目的とする施設」という記載を、「性的営みの相手方を同伴する客が専ら性的営みを行うために利用する宿泊等施設」という表現に改める。

 市は今年1月、LGBTのカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を導入している。今回の条例を所管する市開発指導課は「市全体で性の多様性を重視する施策を進めているため、時代に合わない定義も変更することにした」と説明している。

無断転載・複製を禁じます
1454000 0 社会 2020/09/04 10:19:00 2020/09/04 12:43:22 2020/09/04 12:43:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ