39社の「鉄印」集めた3人にマイスターカード…都内の男性ら

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国40社の地方鉄道でつくる「第三セクター鉄道等協議会」が企画した「鉄印帳」プロジェクトで、工事で記帳を休止中の1社を除く39社の「鉄印」を集めた3人に対し、「鉄印帳マイスターカード」(有料)が発行された。

 鉄印は、神社などのご朱印の鉄道版。プロジェクトでは、鉄印帳(税込み2200円)を購入し、各社指定の駅窓口などで記帳料(300円~)を払って鉄印を集める。7月10日に発売された鉄印帳は、初版5000部が約1か月で完売。増刷された1万部の売れ行きも好調という。

 マイスターとなった3人は、東京都内の男性2人と福岡県久留米市の男性。3人の名前などは、読売旅行のサイト「たびよみ」に掲載される。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1454198 0 社会 2020/09/04 11:37:00 2020/09/16 09:21:06 2020/09/16 09:21:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)