「死刑にしない」という誓約書必要…南ア、9年前に容疑者の引き渡し拒否

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

紙谷容疑者(3日夜、東京都杉並区の警視庁高井戸署で)
紙谷容疑者(3日夜、東京都杉並区の警視庁高井戸署で)

 東京都奥多摩町で2003年、男性の切断遺体が見つかった事件で、警察当局が11年末、国際手配中の男2人が潜伏している南アフリカ共和国に捜査員を派遣し、所在確認と身柄引き渡しを要請していたことが捜査関係者への取材でわかった。犯罪人引き渡し条約を結んでいないため、外交ルートでの協議を模索したが、日本に死刑制度があることを理由に拒まれたという。

帰国の男逮捕 監禁容疑

松井知行容疑者(2002年撮影)
松井知行容疑者(2002年撮影)

 南アから3日夕帰国し、警視庁に逮捕監禁容疑で逮捕されたのは紙谷そう容疑者(46)。03年9月、主犯格の松井知行容疑者(48)らと共謀し、千葉県市川市の駐車場で元飲食店員、古川こがわ信也さん(当時26歳)と別の男性(同22歳)を車で拉致し、埼玉県戸田市のマンションなどに監禁した疑い。容疑を認めている。

 2人はこの2日後、山梨県丹波山村のキャンプ場で古川さんの首を絞めて殺害し、切断した遺体を捨てたとして、04年4月、殺人と死体損壊・遺棄容疑で国際手配された。

 捜査関係者によると、事件直後、2人は南アに逃亡。約8年後の11年11月、事件関係者の女性が帰国し、警視庁に「南アで2人と一緒に暮らした」と説明した。

 この供述を受け、捜査員が現地に赴き、2人の捜索や身柄の引き渡しを要請。だが、南ア側は、最高刑が死刑の殺人などの容疑で逮捕状が出ていることを挙げ、「死刑にしない」という誓約書がない限り、引き渡しは難しいとの見解を示した。

 2人は今回の事件で国際手配されていたが、松井容疑者には、新宿区で03年5月、元スナック経営の男性(当時38歳)が暴行を受けて死亡した傷害致死事件でも逮捕状が出ており、有罪になれば、重い量刑が見込まれていた。

残り:403文字/全文:1375文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1455943 0 社会 2020/09/05 05:00:00 2020/09/08 19:08:38 2020/09/08 19:08:38 高井戸署を出る紙谷惣容疑者(3日午後11時39分、東京都杉並区で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200905-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)