台風10号、鹿児島に特別警報の可能性…奄美・九州に上陸や接近の恐れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

避難所で思い思いに過ごす住民ら(5日午後、鹿児島県・奄美大島の龍郷町で)=中嶋基樹撮影
避難所で思い思いに過ごす住民ら(5日午後、鹿児島県・奄美大島の龍郷町で)=中嶋基樹撮影

 大型で非常に強い台風10号は5日、重大な災害が起きる恐れがある「特別警報級」の勢力に発達し、沖縄県を暴風域に巻き込みながら北上した。6日午後から7日にかけて奄美、九州に上陸または接近する見通し。気象庁は6日午前に特別警報を鹿児島県に発表する可能性があるとして、安全を確保するよう強く求めた。

 気象庁によると、台風10号は5日午後11時現在、沖縄県・南大東島の西南西約30キロを時速15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は920ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は50メートル。6日にかけての最大瞬間風速は沖縄と奄美で、住宅が倒壊しかねない70メートル、九州南部で65メートルなどと予想される。

 7日午後6時までの24時間雨量は九州南部で500~800ミリなどと見込まれる。国土交通省は河川の整備水準を超える雨量予測だとして、球磨川など6河川で氾濫の恐れがあるとした。記録的な高潮も懸念される。

 台風の特別警報が沖縄県以外で発表された例はない。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1456927 0 社会 2020/09/05 20:20:00 2020/09/06 02:19:08 2020/09/06 02:19:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200905-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)