国内新規感染者599人、東京は年代に広がり…三重で最多25人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内の新型コロナウイルスの感染者は5日、33都道府県と空港検疫で新たに599人確認された。死者は埼玉県で3人、大阪府で2人など計9人だった。

 東京都内では新たに181人確認された。これまで半数以上を占める傾向にあった20~30歳代が74人と4割ほどにとどまり、40~50歳代は3割強の59人、60~90歳代の高齢者も28人と年代に広がりがみられた。感染経路は、家庭内が31人と最も多かった。直近1週間の平均陽性率は前日比0・2ポイント減の3・4%だった。

 三重県は、1日当たりの新規感染者としては過去最多となる25人の感染を発表。このうち鈴鹿市の鈴鹿厚生病院で、入院患者と看護師ら計23人の感染が判明し、同病院の感染者は計34人となった。

 また、神戸市はこれまで抗原検査などで感染者としていた5人が、別の検査の結果陰性だったと発表した。

無断転載・複製を禁じます
1457367 0 社会 2020/09/05 22:44:00 2020/09/06 09:07:17 2020/09/06 09:07:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ