読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台風10号、九州7県180万人に避難指示…川の氾濫や大雨に警戒

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

台風の接近で水しぶきが上がる鹿児島県奄美市の新川の河口付近(6日午前8時25分)=中嶋基樹撮影
台風の接近で水しぶきが上がる鹿児島県奄美市の新川の河口付近(6日午前8時25分)=中嶋基樹撮影

 大型で非常に強い台風10号は6日、記録的な暴風雨や高潮をもたらす恐れがある勢力を維持したまま、九州南部に接近した。7日朝にかけて九州全域を暴風域に巻き込みながら西側の海上を北上し、朝鮮半島へ向かう見通し。気象庁は、台風通過後も川の氾濫や大雨などに最大限警戒するよう求めている。

 読売新聞の6日午後8時現在のまとめでは、九州全7県で計約180万人に避難指示が発令された。九州・山口の8県で計約16万人が避難所に身を寄せている。

 気象庁によると、台風10号は6日午後11時現在、鹿児島県枕崎市の西約90キロを時速30キロで北北西へ進んだ。中心気圧は945ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は45メートル。沖縄県南大東村では50・7メートルの最大瞬間風速を観測し、同日午後11時までの24時間雨量は宮崎県美郷町で522・5ミリに達した。

 鹿児島県では、加計呂麻島(瀬戸内町)で70歳代男性が避難所の開設作業中に転倒して肋骨(ろっこつ)を折るなど、計8人が重軽傷を負った。宮崎県では5人、熊本県で2人、長崎、山口県でそれぞれ1人が負傷した。沖縄県では屋根が強風で飛ばされるなど建物9棟が被害を受けた。鹿児島県などで計約27万戸が停電した。

 気象庁によると、7日も猛烈な雨が見込まれ、7日午後6時までの24時間雨量は九州南部で500ミリ、九州北部で400ミリなどと予想される。国土交通省は球磨川など6河川で氾濫の恐れが高まっているとした。

 気象庁は鹿児島県に台風の特別警報を発表する可能性があるとしていたが、勢力が若干弱まったことから、6日午前に発表を見送った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1458354 0 社会 2020/09/06 19:29:00 2020/09/07 07:51:18 2020/09/07 07:51:18 満潮時間近くなって増水し、激しい風で打ち寄せる川(6日午前8時25分、鹿児島県奄美市で)=中嶋基樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200906-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)