外出自粛で「コロナ太り」の傾向…定期健診結果を分析、飲酒量も増加

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新潟県内で新型コロナウイルス感染拡大の「第1波」が起きた3~5月、外出自粛などが続き、県民の体重が増えるなど健康面の影響が出ていたことが、県労働衛生医学協会(本部・新潟市中央区)が行った人間ドックや定期健診の結果分析でわかった。同協会は「緊急事態宣言によるステイホームが、多くの検査項目に影響を与えていることが確認された」としている。

 同協会が、昨年と今年の3~5月に人間ドックや定期健診を2年連続で受けた5万8640人について、健診などでの質問事項のうち、生活習慣に関する回答を抜き出して分析した。

 「20歳の時の体重から10キロ以上増加した」という質問項目では、男性が前年同期比4・6%増、女性が5・7%増となり、「コロナ太り」の傾向がみられた。

 一方、「歩行程度の身体活動を1日1時間以上実施」は男性が0・6%減、女性が3・7%減、「飲酒を毎日する」は男女ともに2・0%増となり、運動不足と飲酒量増加の傾向も確認された。

 また、4~7月に人間ドックや定期健診を受けた13万4820人と、昨年の同期間の14万8572人について、検査項目の基準値を外れた割合(検査異常率)を比較したところ、4、5月には異常率の増加が顕著だった。

 最高血圧の検査異常率は4月が前年同月比19・3%増、5月が27・9%増、肥満などの指標となるBMIは4月が9・8%増、5月が10・0%増。善玉コレステロールと言われるHDL―Cの検査異常率は4月が20・3%増、5月が18・5%増、肝機能の状態を反映するγガンマ―GTPは4月が4・4%増、5月が7・0%増などだった。

 検査異常率の増加は、外出自粛による運動不足、飲酒量増加、自粛生活のストレスが重なったことが原因とみられるといい、緊急事態宣言解除後の6、7月には大半の項目で数値に改善傾向がみられた。

 現在も、新しい生活様式の下で徹底した感染予防が求められているが、同協会は「感染予防だけでなく、確実に定期健診などを受けて健康状態を把握してほしい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1464757 0 社会 2020/09/09 12:01:00 2020/09/09 13:02:59 2020/09/09 13:02:59 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200909-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ