人々がマスクをするのは「他人への同調心理」…「他者への感染防止」を上回る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人々がマスクをする大きな要因は、他人への同調心理――。同志社大の中谷内なかやち一也教授(社会心理学)らの研究グループは8月、そんな調査結果を公表した。

鞍馬の火祭 10月22日に開催…3年ぶり

 調査は3月下旬、インターネットで1000人を対象にマスク着用の頻度を質問。その上で〈1〉他者への感染を防げるか〈2〉自分への感染を防げるか〈3〉着けている人を見ると、自分も着けたほうがいいと思うか――など6項目を尋ね、「非常にそう思う」から「全く思わない」までの選択肢を示した。

 研究グループは着用頻度と6項目の回答との関連性を分析。数値化した結果、他者への同調を示す〈3〉との結びつきを示す数値が最も高かった。

 マスク着用は「他者への感染防止」に最も効果があるとされるが、調査では〈1〉の数値は低かった。

 中谷内教授は「『みんなやっている』という心理に着目すれば、マスク以外の対策にも活用できるが、過剰な同調は窮屈な社会につながる」と指摘する。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1465299 0 社会 2020/09/09 15:36:00 2020/09/09 16:23:37 2020/09/09 16:23:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)