土砂崩れから「72時間」、台風10号で不明4人の捜索続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

投光器で照らされる中、捜索活動が続けられる土砂崩れ現場(9日午後6時50分、宮崎県椎葉村で)=中司雅信撮影
投光器で照らされる中、捜索活動が続けられる土砂崩れ現場(9日午後6時50分、宮崎県椎葉村で)=中司雅信撮影

 台風10号に伴う土砂崩れが発生した宮崎県椎葉村の現場では、9日も連絡が取れなくなっている男女4人の捜索が続いた。警察や消防など約260人態勢で捜索。発見できないまま、夜には生存率が急激に下がる「72時間」が経過した。捜索は午後8時半に終了し、10日早朝から再開する。

 土砂崩れは6日午後8時頃から8時半頃に発生したとみられる。9日は重機を6台に増やし、警察官らがスコップなどで土砂をかき出した。4人が現場そばの十根川に流された可能性もあるため、消防団員らは下流のダムまで約20キロの範囲も捜索したが、有力な手がかりは見つかっていない。

 4人は、同村の建設会社「相生あいおい組」を経営する相生秀樹さん(70歳代)の妻・勝子さん(60歳代)と長男・泰孝さん(30歳代)、ベトナム人技能実習生のチャン・コン・ロンさんとグエン・ヒュー・トアンさん(いずれも20歳代男性)。実習生の2人は今春、村に来たばかりだった。相生さんも土砂崩れに巻き込まれ、肋骨ろっこつを折るなどし、現在、病院で治療を受けている。

無断転載・複製を禁じます
1465754 0 社会 2020/09/09 20:43:00 2020/09/09 22:57:22 2020/09/09 22:57:22 投光器で照らされる中、捜索活動が続けられる土砂崩れ現場(9日午後6時50分、宮崎県椎葉村で)=中司雅信撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200909-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ