読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

クラスター病院で勤務の女性、ウイルス付着物に触れ感染か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三重県が10日に発表した新型コロナウイルスの感染者は5人で、県発表の感染者は延べ450人となった。

 5人の内訳は、60、50歳代各2人、40歳代1人。居住地は鈴鹿市4人、津市1人。

 クラスター(感染集団)が発生している鈴鹿厚生病院(鈴鹿市)では、入院患者の60歳代男性2人と、清掃作業を行っていた40歳代の会社員女性の感染が確認され、このクラスターの感染者は計53人となった。

 県によると、会社員女性は発症前2週間以内に、クラスターが発生している病棟で清掃を行っているが、入院患者との直接の接触は確認されていないという。県は、飛沫ひまつ感染ではなく、ウイルスが付着した物に触れたことで感染した可能性もあるとみている。

 また、鈴鹿市の50歳代の看護師女性は、既に感染が確認された鈴鹿厚生病院の50歳代の看護師男性の妻。女性は同病院に勤務しておらず、県は、家庭内の感染とみてクラスターに含めていない。

 津市の50歳代の会社員男性は、3日に愛知県内の商業施設で買い物をしていた。

無断転載・複製を禁じます
1470123 0 社会 2020/09/11 11:45:00 2020/09/11 12:40:14 2020/09/11 12:40:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)