読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大学・短大の無償化、4校が認定取り消し…来年度は1060校

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年度から始まった高等教育無償化で、文部科学省は11日、国公私立の大学・短大1082校の98%にあたる1060校を、来年度の対象に認定したと発表した。対象外は22校となる。

 今年4月現在、認定された1051校のうち、4校は対象外とされた。これにより、来年度この4校に入学する学生らは支援を受けられなくなる。ただ現在、授業料減免などの支援を受けている学生は、来年度以降も継続される。対象外となったある大学の担当者は「学生に影響が及ばないよう、学校独自の支援策に取り組みたい」としている。

 高等教育無償化は低所得世帯の学生に対し大学、短大、専門学校などの授業料や入学金減免、返済不要の給付型奨学金を支給する仕組み。無償化を安易な私大救済策としないため、文科省は▽運営法人が債務超過▽法人の収支が3年連続赤字▽学生数が3年連続で定員の8割未満――の3条件すべてに該当する大学を対象外としている。

 今年度の無償化の事業費は5274億円で、11日現在、約25万7000人が支援を受けている。新型コロナウイルス感染拡大による家計の悪化で、希望する学生が増える可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
1470196 0 社会 2020/09/11 11:52:00 2020/09/11 12:30:33 2020/09/11 12:30:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)