ドコモ口座悪用、被害73件総額1990万円に…ドコモ口座への入金停止する動き加速

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した銀行預金の不正引き出し問題で、ドコモは11日午前0時時点で、地方銀行を中心とした12行で73件の被害が確認され、総額は約1990万円になったと明らかにした。

 10日正午時点では、ゆうちょ銀行(東京)や七十七銀行(仙台市)など11行の66件で、総額は約1800万円だった。

 連携先の銀行では、ひも付け済みの預金口座からドコモ口座へのチャージ(入金)を停止する動きも加速している。11日午前10時時点で18行に上っている。新規登録は、連携先の全35行で停止している。

 麻生金融相は11日の閣議後記者会見で「利用者保護の観点から、まず被害に遭われた方々への補償が大事だ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1470449 0 社会 2020/09/11 14:19:00 2020/09/11 19:37:31 2020/09/11 19:37:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ