レーシングマシンがずらり、プラモデル展示…F1制したセナの愛車も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

GTカー・ツーリングカー部門のプラモデル(鈴鹿市役所で)
GTカー・ツーリングカー部門のプラモデル(鈴鹿市役所で)

 レーシングマシンのプラモデル作品を並べる「プラモサーキット@鈴鹿市役所」のプレ展示が、鈴鹿市役所1階のモータースポーツ振興コーナーで行われている。10月2日まで。

 市内のNPO法人「鈴鹿モータースポーツ友の会」が企画した。一般参加者が組み立てた作品の展示に先駆け、関係者らの作品12台を展示している。

 1988年F1日本グランプリを制したアイルトン・セナ選手の愛車「マクラーレン・ホンダMP4/4」は、愛知県安城市のモータースポーツカメラマン秋山昌輝さん(50)が組み立てた。秋山さんは「子どもたちに本物のマシンを見たいと思ってもらえたら」と話した。

 友の会の畑川治理事長(73)は「コロナ禍でレース観戦もままならない中、プラモデルを作って、見て楽しんでほしい」と話している。

 一般参加者の作品の展示は10月5~30日(第1期)と11月2日~同月下旬(第2期)。申し込み締め切りは第1期が9月23日、第2期が10月20日必着。詳細は、友の会ホームページ(http://www.suzuka-msa.jp/)に掲載している。

無断転載・複製を禁じます
1475808 0 社会 2020/09/14 13:54:00 2020/09/14 14:40:31 2020/09/14 14:40:31 GTカー・ツーリングカー部門のプラモデル(午前10時16分、鈴鹿市役所で)=南条哲治撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200912-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ