コアラが動物園の「リストラ」対象に、エサ代高く経営圧迫

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[New門@大阪 天王寺動物園]

2019年に渡英したコアラのアーク(天王寺動物園提供)
2019年に渡英したコアラのアーク(天王寺動物園提供)

 「限られた予算と敷地をどう使うか。動物にも『集中と選択』が必要なんです」。大阪府の天王寺動物園改革のため就任した牧慎一郎園長は経営合理化のため、動物の<リストラ>を進めている。一方、保護意識の高まりで新たな種の導入が難しくなり、安定的な動物の確保が大きな課題となっている。

 リストラ対象で、最も人気者だったのはコアラだ。2014年には3匹が飼育されていたが、餌代が1年で約6400万円と高額で、動物全体の4~5割を占めるなど経営を圧迫。19年10月、最後の1匹を海外の動物園に無償で貸し出した。

 当初の計画では、212種のうち22種の飼育から撤退するとされていた。だが、想定外の事情で姿を消す動物も増え、19年末時点では184種になった。

2018年に死んだアジアゾウのラニー博子(天王寺動物園提供)
2018年に死んだアジアゾウのラニー博子(天王寺動物園提供)

 繁殖を進める予定だったシマウマは19年、同じゾーンで飼っていた草食動物とのけんかで死に、推定48歳と高齢だったゾウのラニー博子も18年に死んだ。いずれも最後の1匹だったが、今も新たな個体は導入されていない。今西隆和副園長は「ゾウはいわば動物園の顔。ずっと情報収集を続けるが、見通しが立たない状態だ」と現状を話す。

 背景には、保護意識の高まりで、動物全般の入手が極めて厳しくなっていることがある。日本は1980年に、動物の国際取引を規制するワシントン条約を批准。保護や学術目的で輸出入国の許可をとれば、規制対象でも手に入れられた。だが近年は、ゾウのように絶滅が危惧される動物については、野生の個体はほとんど取引されていない。

 そのため、動物は自前で繁殖するか、他園から譲り受けるしかなくなってきている。特に力を入れているのは、ホッキョクグマやクロサイなど希少な動物だ。今西副園長は「ホッキョクグマは春に交尾が確認されていて、うまくいけば年内に生まれるかも」と期待を寄せる。ただ、今春誕生したキリンの赤ちゃんは、生後7日で死んだ。生き物である以上、一筋縄ではいかないのが実情だ。

無断転載・複製を禁じます
1474791 0 社会 2020/09/13 19:50:00 2020/09/14 13:06:57 2020/09/14 13:06:57 大阪市天王寺動物園(天王寺区)は、雄コアラのアーク(12歳)を英国のサファリパークに貸し出すため、10日に移送すると発表した。同園のコアラはアークだけで、今後、新たに迎え入れる予定はない。貸し出しは10年間の予定。飼育下のコアラの寿命は15~20年のため、アークはイギリスで寿命を全うする可能性が高いという。写真=ユーカリの木でくつろぐアーク=天王寺動物園提供2019年10月6日複写 同月7日大阪版「アーク もうすぐさよなら 天王寺動物園 繁殖へ渡英」掲載 ★紙面掲載画像は「CMYK」★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200913-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ