鉄道廃線区間、ドローン専用航路に…買い物弱者支援の配送実証実験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県は豊田市などと協力し、同市内の鉄道廃線跡を活用した小型無人機「ドローン」の配送実証実験に乗り出す。過疎地の「買い物弱者」支援が目的で、実験結果は公表して、民間企業の事業参画への参考にしてもらう。

 住民がインターネットで小売店に必要な日用雑貨品を注文し、これを受けてドローンで地区の共用ポートに配送するシステムの構築を目指す。また、共用ポートでの受け取りが難しい人に向けて、超小型の電気車両で個人宅まで配達する実験も行う。

 実験が行われるのは、2004年4月に廃線となった旧名鉄三河線の旧西中金駅から、同市東広瀬町間の約1・9キロ区間。名鉄が事業を受託し、KDDIなども協力して、市が所有する廃線区間をドローンの専用空路に見立てて行う。

 ドローンは、無人地域で補助者なしで目視外飛行が可能な「飛行レベル3」を想定。すでに航空レーザー測量を行って、飛行ルートの3次元地図を作成するなどして、安全性を高める工夫もしているという。

 実証実験は15、16日の2日間にわたって行うが、安全を確保するため、一般の見学はできない。

無断転載・複製を禁じます
1474837 0 社会 2020/09/13 22:00:00 2020/09/13 22:58:40 2020/09/13 22:58:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ